こころオフィス・盛田~うつ病,双極性障害のカウンセリング

双極性障害に似た気分の浮き沈みをもつ人の中に,パーソナリティ障害をもつ人が含まれます。カウンセリングでも,初期には判別が難しいことが多いですが,経過をみていくと異なる特徴が見えてきます。今回は,「自己愛性パーソナリティ障害」を挙げます。

「自己愛性パーソナリティ障害」をもつ人も,対人関係に伴う気分の浮き沈みが大きいので,双極性障害との判別が難しいことが多くあります。自己イメージが肥大化しやすい点でも共通性が見られるので,判別は境界性パーソナリティ障害よりも難しいと思います。気分の変化を経過で見ていっても,波として感じられるところも似ていて,感覚的には少し違うのですが表現しづらいです。

違いとしては,ストレス状況における気分の落ち込みの様子と,それに伴う対人イメージのありようが特徴的です。自己愛性パーソナリティ障害の場合,相手に対する認知が他罰的で,相手のせいで自分が不利益を被っているという被害的な訴えが多くなります。双極性障害も,自己愛の傷つきがあると似ている場合がありますが,内省する力があり自分を改善しようとする感じがあります。

自己愛性パーソナリティ障害も,カウンセラー/セラピストに対して不安定な対人関係イメージをもちますが,信頼関係を築きづらい点で困難例の割合が多いと言えます。内省する力が乏しいので,なかなかカウンセリングが深まらないという経験をしがちです。
双極性障害に似た気分の浮き沈みをもつ人の中に,パーソナリティ障害をもつ人が含まれます。カウンセリングでも,初期には判別が難しいことが多いですが,経過をみていくと異なる特徴が見えてきます。今回は,「境界性パーソナリティ障害」を挙げます。

「境界性パーソナリティ障害」をもつ人は,対人関係で主に相手側のイメージが安定せず,理想化したり全否定したりという中で,気分が不安定になります。対人関係のエピソートが語れるぐらいの水準の人であれば,その内容と反応を聴いていけば判別はそれほど難しくないと思いますが,自分の気分に焦点が当たりすぎて混乱すると,エピソードがあまり出てこないので難しくなります。

基本的には,気分の変化を経過として見たときに,波としてイメージできるかどうかがひとつのポイントです。双極性障害の場合は,不安定になってはいても基礎に波がある感じはあります。境界性パーソナリティ障害の場合は,折れ線グラフのよう直線的な感じという違いがあります。その振れ幅が大きいため,経験が少ないとカウンセラー/セラピストでも翻弄されることが多いのです。

特徴的なのは,カウンセラー/セラピストに対しても不安定な対人関係イメージをもつ点で,境界性パーソナリティ障害の場合のカウンセリングは,困難例として報告されることが多くあります。カウンセリングの実際については,改めて書きたいと思います。
双極性障害(特にⅡ型)のような気分の浮き沈みが見られる人の中に,パーソナリティ障害と思われる人が一定の割合で含まれます。パーソナリティ障害が基礎にあって,症状として双極的な気分の波が生じているので,カウンセリングの方向性も異なります。

パーソナリティ障害というのは,大まかに書くと,主に環境的要因(家族関係など)を背景に健常なパーソナリティ(人格)形成が阻害されたことにより,対人関係や社会生活上の支障が生じている症状を指します。パーソナリティ障害というカテゴリーの中にも,たくさんの種類がありますが,双極性障害と特に混同されやすいのが,「境界性」と「自己愛性」のパーソナリティ障害です。

DSM-5という精神医学の診断基準では,パーソナリティ障害はA・B・Cの群に分類されており,「境界性」と「自己愛性」はどちらもB群に入っています。B群は,主に情緒面の不安定さという共通性でまとめられているので,気分の波も大きい場合が多いのですが,「境界性」と「自己愛性」は特に対人関係における認知の不安定さから,気分の浮き沈みにつながりやすいと言えます。

医療機関やカウンセリング機関に訪れる場合も,抑うつ気分などが主訴になることがほとんどなので,パーソナリティ障害が見逃されがちです。次回からは,「境界性」と「自己愛性」それぞれのパーソナリティ障害について,取り上げていきたいと思います。
自律神経のバランスが崩れると,心身の様々な症状につながります。自律訓練法は,自律神経のバランスを整えるのにとても適していて,症状の緩和・改善やリラクセーションによる日常的なセルフケアとしても,短時間で手軽にできるものとして有用です。

自律訓練法は,「気持ちがとても落ちついている」という背景公式と呼ばれる言葉を枕詞のように繰り返しながら,「右(左)手が重たい」「右(左)足が重たい」といった第一公式(重感),「右(左)手が温かい」「右(左)足が温かい」といった第二公式(温感)という順番で,第六公式までありますが,リラックスした体の状態になるように暗示的な言葉を重ねて,全身に広げていきます。

身体感覚に注意を向けることは,催眠誘導の効果もあり,ゆったりした声かけのリズムが加わるとさらに催眠療法的になりますが,独りでやるときにも充分に変性意識状態という催眠状態に入ることができます。このため,自己催眠の効果も優れているので,自律訓練法を一通りやった後に,決めておいた自己暗示のイメージをしていったり,声かけをしていったり,様々な応用が可能です。

感覚をつかむまでは,ある程度の慣れが必要ですので,最初は専門家に教わることをお勧めします。基本は一緒ですが,専門家がそれぞれ身につけやすいように工夫をしていて,当オフィスでも呼吸法やその人が入りやすいイメージなどを加えて行っています。
様々なストレスにさらされることが多い私たちは,その反応として緊張状態になることが多いため,自律神経のバランスを崩しやすいと言えます。自律神経のバランスを整えるためには,リラクセーションを身につけることがセルフケアや予防に大切です。

リラクセーションとひとくちに言っても,その方法はとてもたくさんありますが,自律神経のバランスを整えるのに,カウンセリングでは古典的な方法とも言える,「自律訓練法」があります。「自律訓練法」は,ドイツの精神科医シュルツによって,1932年に創始されました。心身を瞑想のようなリラックス状態にして自律神経を整えることにより,精神症状の緩和にも有効に働きます。

「自律訓練法」の優れている点は,リラックス状態を身体感覚から導いていくところです。僕も緊張しやすいので経験がありますが,緊張しやすい人がリラックスしようと頭で思っても,なかなか難しいのです。手や足が「重たい」「温かい」といった自己暗示的な言葉を繰り返すのですが,リラックスしたときの体の状態に誘導することで,心をリラックスさせるという逆転の発想です。

「自律訓練法」の情報は,ネットでも書籍などでもたくさんありますが,声かけのトーンやリズム,タイミングなどは専門家から受ける経験を通して身につける方が確実です。自己催眠の一種でもあるので,応用を含めて活用していただきたいと願っています。
前回,緊張状態が続き交感神経が酷使されることで,食欲不振や不眠につながると書きましたが,これは副交感神経にうまく切り替わらないための症状です。ストレス等で生じる身体症状のほとんどは,自律神経のバランスが崩れたことによるものと言えます。

自律神経のバランスを整えるには,リラックスして副交感神経に切り替わるようにすることが重要です。絶えず緊張状態に置かれていることで,リラックスの仕方がわからなくなっているような状態ですから,リラックスするという感覚を取り戻すことが必要になります。重度のうつ病と違い,ただ休むというよりは,交感神経から副交感神経への切り替えがスムーズになることが目標です。

反対に,副交感神経から交感神経に切り替えることが難しい状態というのもあります。ここ数年,不登校の子どもたちに診断が出ることが多い,「起立性調節障害」が代表的なものです。朝起きて,なかなか体が活動状態にならないのが主な症状で,これはアクセルに例えられる交感神経に切り替わりづらくなっているためと考えられます。これも,交感神経の酷使が原因の場合が多いです。

自律神経のバランスを改善するためには,あなたに合ったリラクセーションを見つけることが大切ですが,そのひとつに「自律訓練法」があります。カウンセリングを通して体得していくことで,慣れれば数分でできるので,日常のセルフケアに活用できます。
自律神経について,最近はメディアでも取り上げられることが増えていますが,カウンセリング/心理療法の領域でも,自律神経のバランスは重視されています。自律神経について簡単に説明して,そのバランスを調整する大切さについて書いていきます。

自律神経は,交感神経と副交感神経に大別されます。交感神経をアクセル,副交感神経をブレーキに例えたりしますが,緊張状態では交感神経が優位に働き,リラックス状態では副交感神経が優位に働きます。緊張状態になるのは,動物の場合は狩りをするときや縄張り争いなどで戦闘か逃走するときに働くぐらいです。それ以外はリラックス状態にあるのが,生体としての自然な状態です。

人間の場合,勉強や仕事などで長時間の緊張状態を強いられます。その間,交感神経が働きっぱなしということになりますが,交感神経が働く時間は,本来的には1日2時間程だということです。それも,2時間も緊張を維持するという場面は,自然界の動物ではほぼないでしょう。人間は,交感神経をかなり酷使する環境にあり,バランスを崩しやすい状態に置かれていると考えられます。

交感神経と副交感神経はシーソーのように優位性が切り替わるものですが,交感神経を酷使すると副交感神経に切り替わりづらくなり,リラックスできず緊張状態が続くことで,うつ病でも多く見られる食欲不振や不眠などの症状につながるというわけです。
自律神経失調症について知っておくことは,うつ病の予防という点でも大切だと思います。それは,ストレスの蓄積によって生じやすい疾患という意味で近似しているので,ストレス蓄積による体のサインと捉えて,早めにケアしていくことが必要だからです。

自律神経失調症というのは,正確には医学上の診断名ではないのですが,ストレスによる様々な身体的不調が多岐にわたるため,休養やストレス緩和などが必要な状態であることを示すときに,疾患名として多く用いられています。その症状は,自律神経のバランスが崩れたことにより起こり,頭痛やめまい,息切れや動悸,胃腸の不調,腕・肩・背中・腰などの痛みなど,様々に表れます。

不眠も,自律神経失調症の症状のひとつで,うつ病の場合も不眠が多くの方に見られますので,不眠が含まれる場合は要注意です。また,「仮面うつ病」と呼ばれる症状は,あまり気分の落ち込みなどが見られず,身体的不調が自覚症状として前面に出てきます。この場合,自律神経失調症と区別することは難しいぐらい症状が類似しているので,身体症状が強い場合も要注意と言えます。

身体的不調が自覚症状であれば,内科などを受診して身体疾患がないかどうか確認することも大切です。検査などで特に異常がないのであれば,ストレスの蓄積でも身体症状が出ることを理解して,ストレスを緩和するようなカウンセリングが重要になります。
双極性障害や類似した気質をもつ人の気分の波の中で,充実させたいと感じるのは躁的な気分の側にある時でしょう。エネルギーを消耗し過ぎないようにセーブするのが基本ではありますが,それはそれでフラストレーションにつながりやすいとも言えます。

気分の波が不安定になっているときは,それを安定させることが第一ですし,気分の波の安定を維持するのがセルフケアの基本です。それを踏まえた上で,上昇する波に乗っていく時期が,最もあなたのパフォーマンスが発揮できます。「波乗り」ができるようになってくると,波が下がり始める感覚がわかってきますので,抑うつ気分の側に入る頃までに区切りをつけるようにします。

デイトレードの話を聞くと,株価が上がり始めたら早めに売ることが基本で,初心者は上がりきるのを待って利益を増やそうとしてタイミングを逸して失敗するそうです。双極的な気分の波でも,上がりきる前に下がるときの準備をしておくぐらいでないと,調子がいいからもう少しと思っているうちに,気分が落ちて中途半端なところでパフォーマンスが上がらず止まりがちになります。

躁的な気分のいい状態を何とか維持しようと頑張って不安定にするよりは,抑うつ気分の時期が軽く済むようにエネルギーを補充しながら,次の上がる波でパフォーマンスを発揮できるように準備をする方が,全体的にみると充実した生き方につながりますよ。
双極性障害で,気分の波がうつ状態に入ったときの過ごし方は,うつ病の場合と似ています。心の力を抜くことが大切なのは共通しているのですが,双極性障害の場合は,気分を上げようと焦ってしまう傾向が,うつ病の場合よりも強いように感じています。

うつ病の場合は,何もする気が起きなくなることが多いですが,双極性障害のうつ状態は,結構やる気が保たれていることが多いと言えます。躁状態の時期にやる気がみなぎっているところから,気分の波が落ちていくので,やる気はあるのにパフォーマンスが上がらない感じが強いです。次のアイデアはあるのになかなか進まず,もどかしい想いが強くなり,焦りを募らせがちになります。

トランポリンを跳んでいるときに,意識して力を入れるとうまく跳べません。体の力を抜いて,トランポリンのバネの反動に任せるようにすると自然に体が上がります。双極性の気分の波に乗るコツは,これと似ています。焦って気分を上げようとすると,かえって気分の波が上がろうとするタイミングとズレてしまい,気分の波が不安定になって上がるはずの気分も上がらなくなります。

このコツは,感覚的に体得していくような側面が強く,頭では理解していても感覚をつかむまでには時間がかかります。自分の気分の波がどこにある時にどんな感覚で,自然な状態だとどう動いていくかが把握できると,心の力も抜きやすくなっていきますよ。