こころオフィス・盛田~うつ病,双極性障害のカウンセリング

発達障害という概念は,今ではずいぶん広まってきて,子どもの時期から指摘されて支援を受けたり,周囲の理解も得られたりします。しかし,発達障害という概念がなかった時代に成長してきた大人は,特性の理解もないまま生きづらさを抱えやすくなります。

発達障害という概念の広がりは,理解不足による偏見や差別を受けるといった,ある種の弊害もあるのですが,漠然とした生きづらさを子どもの時から感じ続けることになり,慢性的な抑うつ状態とも言えます。その特性から周囲とうまく関わりをもてず,いじめに遭ったり孤立から不登校やひきこもりになったりした経験をもつ人も多いので,うつ病になりやすい要素をもっているのです。

ただし,前回も書きましたが,自閉症スペクトラム障害やその傾向が強い人のうつ病というのは,典型的な臨床像と異なる側面があります。例えば,抑うつ気分を訴えているのに,自分の趣味の活動をする元気はあるという,ディスチミア親和型と呼ばれるタイプや,環境に対するストレス反応としての感情にうまくアクセスできず,身体症状中心になる仮面うつ病というタイプがあります。

環境からの刺激に敏感に反応しやすく,それ自体がストレスになっていることも多いので,職場などの環境を整える環境調整が奏功することもよくあります。環境調整は,物理的なことも大切ですが,特性に応じた周囲の理解を得ていくことも重要になります。
発達障害,特に自閉症スペクトラム障害における抑うつ状態というのは,通常のうつ病とは少し異なる側面があります。本質的には人との関わりを求めているのですが,その特性からコミュニケーションがうまくとれず,あきらめてしまっている状態と言えます。

うつ病になるメカニズムとして挙げられている中に「学習性無力感」がありますが,何度やってみても上手くいかない経験が重なることで,頑張る気力も尽きてしまったような状態を指します。一般的には,うつ病になる過程で様々な感情が起こるのでそう単純ではないのですが,自閉症スペクトラム障害では,心理学における「学習」のメカニズムが比較的シンプルに働くと考えられます。

心理学における「学習」というのは,刺激に対する反応によって形成される行動という意味合いになります。カウンセリングにおいても,感情にアクセスすること自体が苦手なため,深層心理学的なアプローチを普通に適用しようとしても難しい場合が多いです。同じパターンの繰り返しでうまくいかなくなっているのに気づき,違うパターンを見つけたりする心理教育的な方向になります。

注意欠如・多動性障害や限局性学習障害においても,発達障害という自分の特性に気づかずにうまくいかない経験を重ねていることが多いので,努力が足りないとかではなく,特性であることを理解することで気持ちが楽になるという方も多くいらっしゃいます。
発達障害には,自閉症スペクトラム障害(ASD),注意欠如・多動性障害(ADHD),限局性学習障害(SLD)に大別されますが,これらの困難に伴うストレスが重なり,抑うつ状態で不適応を起こしたり,うつ病などの精神疾患にまで発展することがあります。

発達障害は診断が複合することもあり,自閉症スペクトラム障害の特性が中心にあるとストレスの蓄積から抑うつ状態に陥る可能性が高いと考えられますので,ここでは自閉症スペクトラム障害に関する特性に関して主に取り上げたいと思います。自閉症スペクトラム障害では,物事の捉え方の独特さとコミュニケーションの困難さが,抑うつ状態やうつ病を引き起こす要因になっています。

興味の対象が非常に限定されていたり,独自の世界観から物事を捉えたりするので,自分の興味関心を他の誰かと共有することが難しいと言えます。また,ニュアンスや場の空気といった言葉以外の部分を捉えるのが苦手で,コミュニケーションで噛み合わないことが多いです。このようなことが重なって思春期頃から孤立しやすくなり,抑うつ状態が膨らみ不適応や不登校につながります。

自閉症という文字の印象もあり,人と関わることを好まないと思われがちですが,本質的には関わりを求めています。しかし,求めてもうまく関わりをもてず,孤立したりいじめに遭うこともあったりして,あきらめてしまっているというのが実際のところです。