こころオフィス・盛田~うつ病,双極性障害のカウンセリング

前回,アダルトチルドレンを中心に取り上げて,うつ病などの精神疾患になってしまう可能性やカウンセリング/心理療法の方向性について書きました。今回は,HSPを中心に取り上げ,精神疾患との関連やカウンセリング/心理療法について書いていきます。

アダルトチルドレンとHSPはともに,精神疾患というほどではないけれど生きづらさを感じている人たちに当てはまりますが,HSPの場合は,生まれつきまたは家庭環境等の影響で感受性が非常に高い状態にあります。他の人たちからすればささいなことで,気にしなければいいと思うようなことでも,アンテナの感度が高いので様々な刺激が苦痛になり,ストレスを感じやすいのです。

重度だと,自閉症スペクトラム障害と重なる部分も大きくなりますが,感受性の高さだけでは発達障害とは言えないので,安易に発達障害と結びつけることは適切ではありません。とは言え,生きづらさという意味では程度の差こそあれ,共通する部分は大きいと言えます。その生きづらさが高じて,統合失調症やうつ病,パーソナリティ障害などに発展するリスクも大きいと考えられます。

カウンセリング/心理療法の方向性としては,アダルトチルドレン同様,家庭環境や成育過程でのトラウマの影響があれば,それが中心になります。一方,発達障害的な特性の側面は,その特性ゆえのストレスを低減させるような環境調整などの工夫が重要です。
アダルトチルドレンやHSPといった生きづらさを抱えている人は,そうでない人に比べるとうつ病などの精神疾患になってしまう可能性が高いと言えます。今回は,アダルトチルドレンを中心に取り上げて,カウンセリング/心理療法について書いていきます。

アダルトチルドレンは,子どもの頃の家庭環境に何らかの要因があると考えられるため,それが虐待などトラウマになるレベルであれば,診断名としてはパーソナリティ障害に該当する場合も結構あります。命に関わるような虐待などでは,PTSDや解離性同一性障害(いわゆる多重人格)も充分あり得ますので,トラウマに対するカウンセリング/心理療法が中心になることが多いです。

もともと,アダルトチルドレンの概念は,これらの診断名がつくような病態水準ではなかったと思いますが,自分がアダルトチルドレンだと感じている人の中には,診断名がつくような方も結構おられます。また,虐待的な家庭環境で育つことによって,発達障害に類似した状態像を呈することが多くあり,家庭環境の情報や本人がどのような経験をしてきたのかを振り返ることも大切です。

ただし,トラウマによる傷つきが深い場合には,安易に振り返ることは悪化する危険を伴いますので,長期的なカウンセリングのもとで,どのような状態にあるのかの見立てを丁寧に行いながら,安全な形でひもといていくような取り組みが重要になってきます。
アダルトチルドレンやHSPという言葉は,クライエントさんが使うことは多いのですが,診断名ではなく判断基準のあいまいさもあるので,専門家としては積極的には使いません。しかし,自分の生きづらさを表すのにピッタリな場合が多いとも感じています。

アダルトチルドレンは,元はアルコール依存症の親という家庭環境で育ち,トラウマ的な傷つきを抱えたまま大人になったために,生きづらさを抱えている人のことでしたが,のちに虐待や機能不全家族といった家庭環境の問題全般に広がりを見せています。生きづらさからストレスを感じることが多く,成長する過程でも抑うつ傾向が続いていき,うつ病になる割合も高いと考えられます。

HSPは,"Highly Sensitive Person"の略で,「とても敏感な人」と訳され,環境の刺激に対して高い感度をもつ繊細なタイプの人を指します。基本的には生まれつきの特性ということで,発達障害傾向と重なる部分もあり,幼少時の家庭環境の影響による後天的な特性もあり得るので,アダルトチルドレンとの関連も高いです。アダルトチルドレン同様,うつ病のリスクは高いと言えます。

僕自身,HSPは当てはまる部分も多いと感じますが,生きづらさを感じている人にとっては,関連書籍などを読んで自分のことを理解してもらえたように感じ,ある種の流行にも発展します。それだけ,生きづらさは周囲に理解されづらいということでしょう。